白髪を防止する方法

白髪の防止方法は?

白髪は老化現象の一つとされていますが、その発生メカニズムは厳密にはまだ解明されていません。発生原因が分からないという事は、つまりそれを防ぐ確実な方法もまだ明確ではないという事になります。

 

薄毛と同じように、白髪にも遺伝、生活習慣、ストレスなど様々な要因があると言われている一方、ある程度の年齢になると誰もが自然と白髪になることは避けられないとも言われています。
しかしこれは個人差が非常に大きく、10代から白髪が発生している人もいれば、黒髪を維持している高齢者がいるのも事実です。

 

短期間に急激なストレスを受けて一気に白髪が増えた人が、その後ストレスの緩和と共に黒髪に戻ったという話があるので、やはりストレスは大きな要因の一つになっているのでしょう。

 

古代中国では、黒い食べ物を食べることが白髪の予防に良いとされていました。
黒米、黒豆、海苔や海藻の他、ブルーベリーなど紫色の食品も含まれますが、これらにはアントシアニンというポリフェノールが含まれており、血管や細胞の老化防止に効果的なだけではなく、各種ビタミンやミネラルも豊富なため、白髪予防に効果があると考えられていたようです。

 

また、白髪を増やさないためには亜鉛や銅、カルシウムというようなミネラルを摂ることが大切で、髪の色素を作るメラノサイトを活発にしてくれる効果があります。

 

ストレスやホルモンも大事です。
ホルモンバランスが崩れることや、直接髪にダメージを与えてしまう頻繁なカラーリングやパーマも白髪を増やしてしまうからです。
栄養、ストレス、ホルモンバランスの3大調整が白髪を減らすのです。